gainknowledge’s diary

いろいろ気になった事を記事にしていきます I will write articles about various things that interest me.

日光を浴びないと一気に老ける!? 日光を浴びないと起こる体の変化

ビタミンD不足で骨粗しょう症うつ病リスクがアップ

 

日光を浴びると、皮膚でビタミンDが生成されます。ビタミンDは、骨の形成や骨の代謝に欠かせない栄養素です。また、免疫力や精神の安定にも関わっています。日光を浴びないとビタミンDが不足し、骨粗しょう症うつ病のリスクが高まります。

 

メラトニン分泌が低下して不眠や肥満のリスクがアップ

 

日光を浴びると、脳からメラトニンというホルモンが分泌されます。メラトニンは、睡眠を促すホルモンです。日光を浴びないとメラトニンの分泌が低下し、不眠や肥満のリスクが高まります。

 

免疫力が低下して感染症にかかりやすくなる

 

日光を浴びると、免疫細胞の働きが活性化されます。日光を浴びないと免疫力が低下し、感染症にかかりやすくなると考えられています。

 

 

 

日光は、私たちの体にさまざまな影響を与えています。日光を浴びないと、体のさまざまな機能が低下し、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

ビタミンD不足

 

日光を浴びると、皮膚でビタミンDが生成されます。ビタミンDは、骨の形成や骨の代謝に欠かせない栄養素です。また、免疫力や精神の安定にも関わっています。日光を浴びないとビタミンDが不足し、骨粗しょう症うつ病のリスクが高まります。

 

骨粗しょう症は、骨がもろくなり、骨折しやすくなる病気です。骨粗しょう症になると、骨折による寝たきりのリスクが高まります。うつ病は、気分が落ち込み、やる気が出なくなる病気です。うつ病になると、仕事や日常生活に支障をきたす可能性があります。

 

メラトニン分泌の低下

 

日光を浴びると、脳からメラトニンというホルモンが分泌されます。メラトニンは、睡眠を促すホルモンです。日光を浴びないとメラトニンの分泌が低下し、不眠や肥満のリスクが高まります。

 

不眠症は、寝つきが悪い、途中で目が覚める、朝起きるのがつらいなどの症状が続く病気です。不眠症になると、仕事や日常生活に支障をきたす可能性があります。肥満は、体重が基準値より20%以上多い状態です。肥満になると、さまざまな病気のリスクが高まります。

 

免疫力の低下

 

日光を浴びると、免疫細胞の働きが活性化されます。日光を浴びないと免疫力が低下し、感染症にかかりやすくなると考えられています。

 

感染症は、ウイルスや細菌などの病原体が体内に入り込んで起こる病気です。感染症にかかった場合、重症化したり、命を落としたりする場合もあります。

 

日光は、私たちの体に欠かせないものです。日光を浴びる機会を増やし、健康を維持しましょう。

 

まとめ

 

日光を浴びないと、ビタミンD不足、メラトニン分泌の低下、免疫力の低下などの症状が起こる可能性があります。日光を浴びる機会を増やし、健康を維持しましょう。